【お受験願書】ChatGPTに志望理由を作成させてみた結果

話題のChatGPTで小学校受験の志望理由を書かせるとどうなるのか試してみました。

作成にあたっては、「好奇心が旺盛で新しいことに興味津々、知らない言葉やものに出会ったときは、自ら図鑑を開いて調べるという」よくある感じのエピソードを盛り込ませるよう指示してみました。

もちろんこのまま使うわけにはいきませんが、ご自身が作成するにあたって何かのヒントにしていただければと思います。

慶應義塾横浜初等部

まずは慶應義塾横浜初等部の志望動機を作成させました。

慶應義塾横浜初等部を志望する理由は、その学びの深さと自由な発想を尊重する校風に共感しています。

息子は好奇心旺盛で、新しいことに興味津々です。例えば、未知の言葉や事物に出くわすと、主体的に図鑑を活用して調べ物をします。

これが、慶應義塾横浜初等部の自由な発想を重んじるカリキュラムとマッチしています。

入学後は、この学びの深さに満ちた環境で、子供の成長を促進させたいです。自由な発想を育む授業に熱心に参加し、仲間たちとの交流を通じて共に学び合い、学校生活を豊かに過ごすことを期待しています。

すみれママ

ところどころ気になる部分も見られるけどそこは手作業で修正していけばいいね

すみれ夫

自由な発想というSFCの特徴をしっかり盛り込んでいるな

created by Rinker
あさ出版
¥1,320 (2024/03/01 17:35:41時点 Amazon調べ-詳細)

早稲田実業学校初等部

次に、早稲田実業学校初等部の志望動機を作成させてみました。

早稲田実業学校初等部を選ぶ理由は、その先進的な学びと個別サポートに感銘を受けたからです。

息子は好奇心旺盛で、新しいことに興味津々です。例えば、知らない言葉やものに出会ったときは、自ら図鑑を開いて調べる姿勢があります。

この特性が、早稲田実業学校初等部の知的好奇心を奨励する校風と調和していると感じています。

入学後は、子供が早稲田実業学校初等部で得た知識やスキルを活かし、個々の能力を最大限に引き出しつつ、将来的には社会で積極的に貢献できる人物へと成長することを期待しています。

すみれママ

個別サポート…?

すみれ夫

知的好奇心というキーワードには早実らしさが出ているけど…

雙葉小学校

最後に雙葉小学校の志望動機を作成させてみました。

訂正前

雙葉小学校を選ぶ理由は、その独自の教育理念に共感しているからです。

娘は好奇心が旺盛で、新しいことに興味津々です。例えば、知らない言葉やものに出会ったときは、自ら図鑑を開いて調べる姿勢があります。

この特性が、雙葉小学校の自由な学びと創造性を大切にする校風と調和していると感じています。

入学後は、雙葉小学校の独自の教育理念に基づいて、知識の深化だけでなく、感受性や思考力も発展させ、社会で活躍するための基盤を築くことを期待しています。将来的には、学びと心の豊かさを結びつけ、自らの人生を積極的に切り開いていくことを願っています。

すみれママ

カトリック女子の中では比較的自由とは聞くけれど、自由な学びと創造性というのはちょっと違和感

すみれ夫

独自の教育理念というのも曖昧でNG。ミッションスクールらしさもゼロ!

というわけでミッションスクールらしくなるよう手直ししてもらいました。

志願者のエピソードも、女子らしく「気遣いができる」というものに変更しました。

訂正後

雙葉小学校を志望する背景は、学校が温かく、互いに助け合うキリスト教の価値観を根本に置いているからです。

我が子は周りに気遣いができ、家族や友達が困っているとすぐに助けの手を差し伸べる経験があります。この善意の心を雙葉小学校でさらに育て、キリスト教の教えに基づく共感力を身につけることが期待されます。

入学後は、子供が雙葉小学校で育んだキリスト教の精神を活かし、社会への奉仕活動や共感力の向上に積極的に貢献し、人々に喜びや助けを届ける存在として成長することを期待しています。

すみれママ

格段に良くなってる!

すみれ夫

ChatGPT凄すぎる!

作成したらお終いというのではなく、「こう書き直してほしい」という指示を聞き入れてくれるのがChatGPTのすごいところです。

皆さまもぜひChatGPTで遊んでみてください。

created by Rinker
日本能率協会マネジメントセンター
¥1,595 (2024/03/01 17:35:42時点 Amazon調べ-詳細)




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元塾講師、学校職員。
子どもの小学校受験の経験から
知育やお受験について発信しています。

コメント

コメントする