【2023年度版】東京都市大学付属小学校の入試情報、倍率総まとめ

この記事では、東京都市大学付属小学校の試験情報についてまとめています。

東京都市大学付属小学校の倍率は系列の男子校である東京都市大付属中学校の人気に伴い年々上がっており、男児の倍率は6倍を超えています。

入学試験は中学受験校らしく、ペーパー試験が最重要です。

本日はそんな東京都市大学付属小学校の倍率の推移や入試内容についての最新情報をまとめてみました。

この記事で分かることです。

東京都市大学付属小学校の入試日程、倍率、願書記入内容、考査内容など




目次

試験概要

東京都市大学付属小学校の試験概要をまとめました。

募集人員80名
(内部進学者を含む)
考査日11/3、4のうち希望する日
考査順受験番号順
※出願順
考査内容ペーパー
行動観察
絵画製作
運動
面接考査と同日
合格発表11/5

系列の東京都市大学二子幼稚園からの内部進学者の目安は15名程度、2023年度の内部進学者は11名でした。

東京都市大学二子幼稚園とは?

課題遊び、自由遊び、課外遊びを教育・保育の柱とした幼稚園。卒園生の6割近くは公立小学校へ、その他4割が私立や国立小学校に進学します。二子玉川駅下車5分。

補欠はある?

補欠はあります。早慶などの難関小学校や国立小学校との併願が多いので辞退者も多く、12月まで補欠が回ります。

すみれママ

毎年20名くらい補欠が回るという情報もあるよ

倍率

2023年度の東京都市大学付属小学校の倍率は、志願倍率が5.7倍、実質倍率が4.5倍でした。

志願者数は589名、受験者数は466名、合格者数は102名です。

2023年度の入試結果を男女別に表にしてみました。

 男児 女児
志願者数
受験者数
合格者
実質倍率
392名
326名
51名
6.4倍
197名
140名
51名
2.7倍
※出典 お受験じょうほう

男児が6.4倍、女児が2.7倍と大きな開きがあります。

過去5年間の志願者数を男女別に表とグラフにしてみました。

男子志願者数女子志願者数
2019年度
2020年度
2021年度
2022年度
2023年度
231名
290名
316名
413名
392名
159名
181名
198名
215名
197名

クリックで拡大します

都市大学付属小学校の志願者数の推移

女子の志願者数も増えていますが、男子の志願者数の増加が著しいです。

理由はやはり都市大学付属中学校・高等学校の人気上昇にあると思います。




願書

東京都市大学付属小学校は出願はwebで行われ、志望動機等の記入欄はありません。別途のアンケートや面接資料などもありません。

考査内容

ペーパーテスト

東京都市大付属小学校は中学受験校らしく、ペーパーテストを最も重視しています。

ペーパーテストは問題に対しての試験時間が短く、スピードが重要です。

2023年度の入試では、お話の記憶、回転図形、しりとり、言語、昔話、常識などの出題があったようです。

2023年度の出題分野です

created by Rinker
¥660 (2024/06/20 08:36:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥660 (2024/06/20 08:36:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥660 (2024/06/20 10:42:11時点 Amazon調べ-詳細)

行動観察

2023年度の行動観察では、裏返したカードをグループで拾いながら協力してしりとりを完成させるゲームが行われました。

絵画

2023年度の試験では昨年に続き指示画が出されました。

それ以前は製作が行われていましたが、コロナ対策で道具の少ない絵画に切り替えられたようです。

運動

2023年度の試験では、例年通り準備体操、先生の見本通り全身を使ったグーパーが行われました。

その後、ジャンプや模倣ダンスが行われました。

面接

都市大付属小学校の面接は、子どもが試験を受けている間に両親のみで行われます。

例年、志望動機や子どもの様子などオーソドックスな質問が行われており、一般的な対策で十分対応できそうです。

過去の質問内容です

  • 志望動機をお聞かせください
  • 本校にどのような印象をお持ちですか
  • ご家庭でのお子さまの様子をお話しください
  • お子さまの長所/短所を教えてください
  • どこの幼児教室に通わせていますか

都市大付属の合格の鍵はペーパーです




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元塾講師、学校職員。
子どもの小学校受験の経験から
知育やお受験について発信しています。

コメント

コメントする

目次