洗足学園小学校の学費は高い?他校と比べてみた

今までこのブログではたびたび洗足学園小学校について取り上げてきました。

この記事では洗足学園小学校の学費を紹介します。

学校によって異なる学費。

洗足学園小学校は他校よりも高いのでしょうか、それとも安いのでしょうか。

すみれママ

大学附属校は高いイメージだけど、中学受験校はきっと安いよね?

他校とも比較しながら、現在公表されている最新の学費をお伝えします。

\関連記事もチェックして下さい/




目次

洗足学園小学校の学費

入学金 400,000円

授業料 660,000円

施設費 240,000円

洗足会(PTA) 12,000円

積立金 84,000円

合計 1,396,000円

2年次以降の年額は996,000円です。

洗足学園小学校の6年間の合計金額は6,376,000円です。




大学附属校との比較

すみれママ

あれ…思ったより高いような…

それでは「セレブ学校」というイメージの強い青山学院初等部と比較してみましょう。

洗足学園小学校
青山学院初等部
  • 入学金400,000円
  • 授業料660,000円
  • 施設費240,000円
  • 洗足費12,000円
  • 積立金84,000円
  • 入学金300,000円
  • 授業料8,100,000円
  • 施設設備費250,000円(※2年次以降190,000円)
  • 保健料4,000円
  • 冷暖房費12,000円

青山学院初等部の方が授業料は高額です。しかし、洗足学園小学校の方が入学金と2年次以降の施設費が高いという結果になりました。

入学金が高い

他校との入学金の比較

クレジットカードの写真

他校の入学金を一覧にして比較してみましょう。

まずは大学附属校と比較してみます。

洗足学園小学校400,000円

青山学院初等部 300,000円

成蹊小学校 300,000円

慶應義塾幼稚舎 340,000円

慶應義塾横浜初等部 340,000円

洗足学園小学校の入学金400,000円が一番高いようです。

他の中学受験校の入学金も調べてみました。

宝仙学園小学校 250,000円

東京都市大学付属小学校 300,000円

精華小学校 300,000円

国立学園小学校 360,000円

他の中学受験校に比べても、洗足学園小学校の入学金は最も高いようです。




入学金が高いデメリット

入学金は、合格発表後数日のうちに行われる入学手続き時に支払わなければなりません。

いったん納めてしまうと、のちに合格を辞退したとしても返金はありません。

(※施設費の支払いも必要ですが、こちらは延納が可能です)

難関校の併願として受験し、辞退する予定の家庭にとっては、高額な入学金は大きなデメリットとなります。

悩めるママ

入学金高いし併願校にするのはやめようかしら

と思ってもおかしくありませんが、洗足学園小学校は慶應などの都内難関校の併願校として受験する方が非常に多い学校です。

すみれママ

志願倍率の高さからみても、入学金の額なんて関係ないという家庭が多そうね〜




施設費が高い

トロフィーの写真

洗足学園といえば洗練されたデザインのキャンパス。

人気ドラマ「のだめカンタービレ」のロケ地となったことでも知られています。

洗足学園内の建物の数々は神奈川建築コンクールでの受賞歴もあります。

施設に大変力を入れた学園ですので、施設費が高額になるのは仕方ないかもしれません。 




学費の値上げ

すみれママ

洗足がこんなに高いなんて知らなかったな…

古いお受験情報誌や情報を載せているサイトなどを見ても、学費が高額な学校ランキングでは洗足学園小学校は圏外でした。

というのも、2020年度入学者まで、洗足学園小学校の学費は施設費180,000円、授業料498,000円でした。

それが2021年度には施設費が240,000円、授業料540,000円に、2022年度には授業料がさらに660,000円に値上げされました。

この2年間で施設費が6万円、授業料が162,000円、合計222,000円の値上がりがありました。

すみれママ

最近は生活用品の値上げラッシュだったけど、学費も上がるものなのね

今後学費の値上げを予定している私立学校も他にあるでしょう。来年度は要注意ですね。

created by Rinker
こぐま会
¥2,750 (2024/03/01 11:09:46時点 Amazon調べ-詳細)




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元塾講師、学校職員。
子どもの小学校受験の経験から
知育やお受験について発信しています。

目次