【2023年度版】カリタス小学校の入試情報、倍率総まとめ

この記事では、カリタス小学校の試験情報についてまとめています。

カリタス小学校の入試では、お話づくりや文章を読むといった独特の試験を課しています。

また近年、中学校・高等学校の進学実績の良さが注目され、小学校の志願者数も伸びています。

本日はそんなカリタス小学校の倍率や入試内容についての最新情報をまとめてみました。

この記事で分かることです。

カリタス小学校の入試日程、倍率、願書記入内容、考査内容など




目次

試験概要

試験概要まとめ

カリタス小学校の試験概要をまとめました。募集人員、日付は2024年度のものです。

募集人員108名
※内部進学者を含む
考査日10/20
考査順受験番号順
※出願順
考査内容ペーパー
行動観察・製作
面接10/13または14
合格発表10/21

カリタス幼稚園からの内部進学について

カリタス幼稚園の一学年の募集人数は3年保育60名、2年保育10名程度です。編入もあります。

全員が進学を希望しているわけではなく、他校を受験する児童も公立小学校に行く児童もいます。

内部進学の人数については不明ですが、こちらの幼稚園からカリタス小学校にはなるべく内部進学してほしいと考えているようです。

進学にあたっては内部試験もあります。なお、内部試験は一般入試に先駆けて行われます。

すみれママ

温かみのある素敵な新園舎が2022年に完成したばかり。
カリタス幼稚園の人気も高まりそうだね。

倍率

2023年度のカリタス小学校は志願者数が451名、倍率は4.1倍でした。

カリタスは中高が女子校であるため、男子の志願者数は女子に比べて非常に少ないです。

ここ5年間のカリタス小学校志願者数の推移を男女別に表にしてみました。

カリタス小学校の志願者数と倍率の推移

ここ5年間で女子の志願者は46%増加、男子の志願者は20%増加しています。

男子の倍率は低い?

男子の志願者は少ないですが、だからといって全員が合格できるわけではありません。年度によっても異なりますが、カリタス小学校の男子の倍率は2~4倍程のようです。

女子の倍率が上がっている理由は?

女子の志願者数増加が顕著なのはやはりカリタス女子中学高等学校の進学実績の向上にあるのでしょう。

補欠はある?

補欠はあります。都内の小学校と併願している家庭が多いため、例年ですと割と多く辞退が出ます。11月1日以降に補欠が回り始めます。

願書

カリタス小学校の願書には「本学園希望理由」を記入する欄があります。

記入欄は4〜5行ほどあり、記入しやすい程良い長さではないでしょうか。




考査内容

ペーパーテスト

ペーパーテストの難易度は高くありません。

数、図形、理科的常識はカリタス小学校の入試では頻出の分野です。三角パズルが出た年もあります。

2023年度の試験では、お話の記憶、積み木の同数発見、植物の生育などの出題があったようです。

2023年度の出題分野です

created by Rinker
¥660 (2024/03/02 05:41:20時点 Amazon調べ-詳細)

行動観察・製作

行動観察では、新聞紙を細長く丸めてテープで留める等して釣り竿を製作し、魚釣りゲームをするという課題で、巧緻性も合わせて見られました。

面接

お話づくり

カリタス小学校の親子面接では子どもだけが呼ばれて平仮名の文章を読むことと、お話づくりをするという試験があるのが特徴です。

カリタス小学校のお話づくりは、合否を分ける重要な試験です。

お話づくりとは?

まず4枚の絵を見せられます。1枚目は先生が作って話してくれるのでその続きを考えます。その際、話し言葉を入れてお話しなければならないという決まりがあります。

表現力が問われる試験です。絵本の読み聞かせだけでは対応できません。家庭や幼児教室で、しっかりとお話づくりの練習をしておく必要があります。

お話づくり対策にオススメ

created by Rinker
¥1,650 (2024/03/01 22:34:19時点 Amazon調べ-詳細)

保護者への質問

保護者への質問では、説明会や公開授業などで学校へ来校したときの感想を聞かれます。説明会等への参加がマストです。

その他、どのように通学するのか、学校に求めること、キリスト教教育についてどう思うかなどの質問もあります。

すみれママ

志望度の高い家庭を取りたいという強い意図が感じられるね

最後にカリタス小学校対策にオススメの教材を紹介します。

図形センスを養う教材がオススメ

幻冬舎 100てんキッズ さんかくパズル 479093
幻冬舎(Gentosha)

面接対策にもおすすめ




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元塾講師、学校職員。
子どもの小学校受験の経験から
知育やお受験について発信しています。

コメント

コメントする

目次