【学校説明会】桐朋学園小学校のレポート

先日、桐朋学園小学校の説明会に参加させて頂きました。

最寄り駅の国立駅に到着すると、それらしき方々が沢山いて、皆でぞろぞろと大学通りの道を並んで歩きました。

徒歩で行く方ばかりだったように思いますが、駅から15分と遠いのでお子さん連れは大変だと思います。

すみれママ

とはいえ合格したら毎日徒歩で通学しなきゃいけないんだよね

国立駅

桐朋学園小学校とは

住所東京都国立市中3丁目1−10
児童数12学級428名
給食なし※昼食注文制度あり
アフター
スクール
なし
進学先男子:桐朋中学校
女子:桐朋女子中学校

緑豊かな敷地

敷地内はとにかく緑豊か。森です。「毎日泥だらけになって遊べる学校」と聞いてはいましたが、実際に見て納得できました。

説明会でも「体験重視」「観察力、感性、五感をフルに使う」というお話がありましたが、まさにそのような教育が叶う環境なのだと思います。

桐朋学園小学校の特徴

他にこの小学校の特徴は

  • 担任と毎日日記のやり取りをする
  • 通信簿がない
  • 課題があれば家庭と話し合い子どもを育てていく
  • 自然と触れ合える宿泊行事

というものがあります。

校長先生のお話は心惹かれるものがありました。偏差値という短絡的なものとは一線を画す教育を感じられました。

通学時間

60分以内という通学時間についてはマストのようです。遠方であっても転居するのであれば受験は可能とのこと。これさえクリアできていればかなりオススメしたい学校です。

試験倍率

ただ試験は簡単ではありません。桐朋学園小学校は倍率が大変高く、2023年度入試では男児13.5倍、女児6.2倍という志願倍率でした。

試験日程が11月5日から8日までと遅く、併願校として受ける人も多い学校ではありますが、それでもかなりの倍率です。

それに加えてペーパー試験がなく、親の面接もなし、絵画工作と巧緻性と指示行動のみの試験という、私立小学校としてはかなり珍しいタイプの試験を課す学校です。

入試のために特別な対策をする必要はないとお話がありました。

すみれ夫

えっ、何も対策しなくていいの?ラッキー

すみれママ

さすがにこの倍率だから対策しない人は皆無でしょう

桐朋学園小学校の過去問です

帰りに国立駅のホームに立つと桐朋学園小学校の看板が目の前にありました。

キャッチコピーは「未来につながる、自分に会える。学び合える、仲間に出会える。」

さすが文教地区の国立市なので、他にも学校の看板がいくつかありましたが、桐朋学園の看板が素敵で目に留まりました。

国立駅にある桐朋の看板

絵画工作対策に

created by Rinker
¥1,078 (2024/07/19 14:18:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,045 (2024/07/18 23:08:46時点 Amazon調べ-詳細)




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元塾講師、学校職員。
子どもの小学校受験の経験から
知育やお受験について発信しています。

コメント

コメントする

目次